早漏の反対って何かご存知ですか?

僕は、『超』がつくほどの早漏なのですが(汗)
ちょっと疑問になった事があるんです。

早漏を治すには、逆の遅漏になれば良いのかな?と。

でも、遅漏は早漏の反対と考えられているようですが、
全然違うみたいなのです。

・反対だから逆の遅いではない!?

多くの男性は早漏で悩んでいて遅漏が羨ましいと思って
いるかもしれません。

でも、遅漏で悩んでいる人もいて、早漏よりも深刻な
場合があります。

いきたいと思っていてもいく事ができず、中にはパートナーが
悲鳴を上げ途中で断念する事もあります。

そして、早漏の反対というのは射精が遅いのではなくて
『射精がコントロールできる』という事です。

・副交感神経の力でコントロール!

もし、あなたが早漏なのでしたら、亀頭に塗るクリームや
スプレーなどよりも、精神的な理由を改善して治す方が
効果を実感できるかもしれません。

射精してしまう時は『交換神経』が働いているので、
リラックスした時の『副交感神経』で、射精を抑え
挿入時間を長くする必要があります。

そして、副交感神経の働きを促す方法は、スッ!と鼻から
息を吸った後、ゆ~~っくり鼻から息を出すのです。

そうなのです^^
たったこれだけで良いのです♪♪♪

日々、練習を重ねることでかなり改善されますので
興味のある方は実践してみてくださいね。