早漏を治すにはゴムが必要!?避妊も含めて大切な理由とは

早漏をゴムで治せると思いますか?

若いころは、エッチの経験不足や亀頭が敏感すぎて、すぐに
射精していたかもしれません。

『わたしはゴムさえ変えれば早漏は防げると思っていました。』

彼女とのエッチでは必ずゴム(コンドーム)を着用すると
思います。

ゴムを付けている安心感や摩擦の軽減などで、早漏を
防ぐことができていたかもしれません。

・刺激に過敏な男性なら厚めのゴムを!

もし、あなたが亀頭への刺激が過敏で早漏と感じているのなら
いつもより厚めのゴムを使用してみるのもいいかもしれませんね。

厚めのゴムなら膣に入れた時の気持ちよさは若干落ちてしまいます
が、
その分長時間ピストン運動をすることができるはずです。

ただ、女性も気持ちよさが半減してしまうそうなので、
お互いどこで妥協するのか相談したほうがいいかもしれません。

・早漏の根本は治っていない!?

厚めのゴムを装着しても早漏が治ったわけではないので
注意が必要です。

なぜなら、結婚してゴムを装着せずにエッチをすると
最高に気持ちが良くなってしまうので、かなり早く
射精してしまう事があるのです。

つまり、厚めのゴムに頼り過ぎてしまうと後々
厄介な事が待ち受けているのです。

関連記事

  1. 射精をすんどめする方法は!?でも、わざわざ止める必要はない?

  2. 挿入前に射精してしまう悲しい男性必見のトレーニングとは

  3. 早漏と包茎は関係している!?男性の悩みを解消する方法

  4. 早漏の目安時間はどれくらい!?あなたは大丈夫?

  5. 何分からが早漏なの!?でも挿入だけが全てじゃない?

  6. 挿入時間を長くしたい方必見!女性を満足させるトレーニングとは

関連記事

早漏