男女の営みというものには様々な種類がありますが、

やはり夜の性生活というのはとても重要な意味合いがあります。

 

 

お互い楽しんだり悩みがあったりと問題は

尽きないものだと思います。

 

 

特に人間の性生活として特徴的なものとしては

生殖行為ではない性行為ということで発明された

コンドームというものがあります。

 

 

これによって避妊効果を出しながらセックスを楽しむ

という行為によって、人間は愛を確かめ合う生物として

独自の存在となってきたのはとても興味深いものです。

 

 

さてそのコンドームについての話なのですが、実は

コンドーム自体の避妊効果は必ずしも100%ではない

という点は注意しておくといいかもしれません。

 

 

ライフステージによる子作り計画などにも影響を

してくる避妊とセックスの関係性ですが、実際に

コンドームは正しく使うことによって9割以上は

避妊効果を出すことができます。

 

 

しかし実際は正しく使えていないという現状から大体は

コンドームの避妊確立は8割程度というふうになっています。

 

実際に正しいコンドームの付け方に関しては、

まず挿入の直前に付けるのがベストだと

言われています。

 

 

逆に悪い付け方としてよくあるパターンとしては

生で挿入してから射精直前に抜いてコンドームを

装着するというケースがあります。

 

 

これにはいわゆる精液の先走り汁とされる分泌液にも

実は精子が混ざっているのであり、これによって

妊娠をしてしまうカップルもいます。

 

 

また実際に勃起をして装着をしてからすぐに挿入を

するのが望ましいとされています。

 

これは時間が経ってしまうとコンドームとペニスの間に

空気が入ってしまう可能性が段々と高くなってしまうために、

これによって漏れが起こりやすくなってしまうためなのです。

 

 

これらを守ったとしても今度は射精後にそのままゴムが

付いているからといって、余韻に浸ってそのまま

挿入しっぱなしになってしまっても、これも精液漏れの原因と

なっていまうためにコンドームの効果が出なくなってしまいます。

 

 

このようにコンドームの避妊の効果をしっかりと出すには

適切な装着がまず第一に重要となってくるのです。